多種多様な法分野において、依頼者に的確なリーガルサービスを提供いたします

論文

「第三者のSNS等で従業員の問題行動が発覚したときの対応」『ビジネスガイド2022年11月号』
木下達彦弁護士が執筆した「第三者のSNS等で従業員の問題行動が発覚したときの対応」と題する記事が、日本法令『ビジネスガイド2022年11月号』に掲載されました。
「カスハラ対策マニュアル等を踏まえた企業の安全配慮義務」『ビジネスガイド2022年8月号』
木下達彦弁護士が執筆した「カスハラ対策マニュアル等を踏まえた企業の安全配慮義務」と題する記事が、日本法令『ビジネスガイド2022年8月号』に掲載されました。
「改正法施行直前チェック 公益通報者保護法」『ビジネスガイド2022年4月号』
木下達彦弁護士が執筆した「改正法施行直前チェック 公益通報者保護法」と題する記事が、日本法令『ビジネスガイド2022年4月号』に掲載されました。
「社内不正の原因と不正防止対策のポイント」
鈴木康之弁護士が、組織内部の不正行為の防止体制に関して解説をした記事が、企業の法務担当者向けの情報メディアであるLegal Hackに掲載されました。

この記事は「社内不正の原因と不正防止対策のポイント」と題する特集記事で、社内不正の発生原因や不正防止のための体制強化のポイントにつき解説しています。
対象の記事には、以下のリンクから、アクセスしてください。
https://legalhack.media/special/885/
https://legalhack.media/special/900/

「パワハラ防止法完全施行 相談対応マニュアル&直前チェックポイント」『ビジネスガイド2022年3月号』

木下達彦弁護士が執筆した「パワハラ防止法完全施行 相談対応マニュアル&直前チェックポイント」と題する記事が、日本法令『ビジネスガイド2022年3月号』に掲載されました。

「多額の賃金過払いが発覚した場合の返済のさせ方」『ビジネスガイド2022年2月号』

木下達彦弁護士が執筆した「多額の賃金過払いが発覚した場合の返済のさせ方」と題する記事が、日本法令『ビジネスガイド2022年2月号』 に掲載されました。

「業務委託契約で起きやすいトラブルとは?」他5本
鈴木康之弁護士が執筆した「業務委託契約で起きやすいトラブルとは?」と題する記事他5本が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。
この記事では、業務委託契約を巡る紛争でトラブルとなりやすい問題点ごとに、具体的な裁判例を取り上げるとともに、紛争を未然に防止するための条項例を紹介しています。対象の記事には、以下のリンクから、アクセスしてください。

業務委託契約で起きやすいトラブルとは? 5つのポイントを紹介
https://www.businesslawyers.jp/practices/1418

業務委託契約でトラブルになりやすい契約の法的性質(請負・委任) – 裁判例と条項例を解説
https://www.businesslawyers.jp/practices/1419

業務委託契約でトラブルになりやすい両当事者の義務 – 裁判例と条項例を解説
https://www.businesslawyers.jp/practices/1420

業務委託契約でトラブルになりやすい代金請求権 – 裁判例と条項例を解説
https://www.businesslawyers.jp/practices/1421

業務委託契約でトラブルになりやすい損害賠償 – 裁判例と条項例を解説
https://www.businesslawyers.jp/practices/1422

業務委託契約でトラブルになりやすい途中解約 – 裁判例と条項例を解説
https://www.businesslawyers.jp/practices/1423

「ハラスメント相談窓口設置&ヒアリングの実務」日本法令『ビジネスガイド2021年10月号』

木下達彦弁護士が執筆した「ハラスメント相談窓口設置&ヒアリングの実務」と題する記事が、日本法令『ビジネスガイド2021年10月号』に掲載されました。

「和解等での口外禁止条項はどこまで縛れるのか」日本法令『ビジネスガイド2021年4月号』

木下達彦弁護士が執筆した「和解等での口外禁止条項はどこまで縛れるのか」と題する記事が、日本法令『ビジネスガイド2021年4月号』に掲載されました。

「パワハラ法制化を踏まえた労災認定基準の改正」

木下達彦弁護士が執筆した「パワハラ法制化を踏まえた労災認定基準の改正」と題する記事が、日本法令『ビジネスガイド2020年8月号』に掲載されました。

「中国事業から撤退する際の留意点 破産の手続」

鈴木康之弁護士、周 加萍弁護士が執筆した「中国事業から撤退する際の留意点 破産の手続」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://www.businesslawyers.jp/practices/1229

「中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続」

鈴木康之弁護士、周 加萍弁護士が執筆した「中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://www.businesslawyers.jp/practices/1228

「中国事業から撤退する際の留意点 持分譲渡の手続」

鈴木康之弁護士、周 加萍弁護士が執筆した「中国事業から撤退する際の留意点 持分譲渡の手続」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://www.businesslawyers.jp/practices/1227

「コロナウイルス感染症の拡大に伴い、中国の裁判所から公表された契約の停止と中断に関する見解」

鈴木康之弁護士、周 加萍弁護士が執筆した「コロナウイルス感染症の拡大に伴い、中国の裁判所から公表された契約の停止と中断に関する見解」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://www.businesslawyers.jp/practices/1212

「中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって」

鈴木康之弁護士、周 加萍弁護士が執筆した「中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://www.businesslawyers.jp/practices/1211

「従業員の不適切投稿炎上事件からみる企業のSNS対策と規程」

木下達彦弁護士が『ビジネスガイド2019年9月号』(日本法令)に「従業員の不適切投稿炎上事件からみる企業のSNS対策と規程」というテーマにて論文を執筆いたしました。

「英文契約書における完全合意条項(Entire Agreement)の定め方」

鈴木康之弁護士、小熊慎太郎弁護士が執筆した「英文契約書における完全合意条項(Entire Agreement)の定め方」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1056

「Service Agreementの作成・レビューにおける留意点」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「Service Agreementの作成・レビューにおける留意点」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1055

「民法改正が契約書の瑕疵担保責任(契約不適合責任)条項に与える影響」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「民法改正が契約書の解除条項に与える影響」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1048

「民法改正で瑕疵担保責任から契約不適合責任となって何が変わるか」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「民法改正が契約書の譲渡禁止(制限)条項に与える影響」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1049

「民法改正が契約書の解除条項に与える影響」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「民法改正が契約書の解除条項に与える影響」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1047

「民法改正が契約書の譲渡禁止(制限)条項に与える影響」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「民法改正が契約書の譲渡禁止(制限)条項に与える影響」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1046

「不動産売買契約書の作成・レビューにおける留意点(1)(2)」

多田光毅弁護士が執筆した「不動産売買契約書の作成・レビューにおける留意点(1)(2)」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

不動産売買契約書の作成・レビューにおける留意点(1)- 決済の前提条件(融資特約・ローン特約)、表明保証条項
https://business.bengo4.com/practices/1022

不動産売買契約書の作成・レビューにおける留意点(2)- 瑕疵担保責任、解除条項(手付解除)
https://business.bengo4.com/practices/1023

「英文契約書における仲裁条項(Arbitration)の定め方」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「英文契約書における仲裁条項(Arbitration)の定め方」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1020

「秘密保持契約書の作成・レビューにおける留意点」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「秘密保持契約書の作成・レビューにおける留意点」と題する記事、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1007

「M&A契約書の作成・レビューにおける留意点」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「M&A契約書の作成・レビューにおける留意点」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/1008

「業務委託契約書の作成・レビューにおける留意点」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「業務委託契約書の作成・レビューにおける留意点」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/991

「英文契約書における権利義務の定め方」

鈴木康之弁護士、幅野直人弁護士が執筆した「英文契約書における権利義務の定め方」と題する記事が、企業法務のポータルサイトであるBusiness Lawyersに掲載されました。

https://business.bengo4.com/practices/960

「対日投資に関する専門家コラム第4回:日本労働法制」

周加萍外国弁護士(中国弁護士)、坂下良治弁護士、鈴木康之弁護士が執筆した「対日投資に関する専門家コラム第4回:日本労働法制」(邦題)と題する記事が、M&Aアドバイザリーのアミダスパートナーズのコラムに掲載されました。

http://amidaspartners.com/ch_s/column/004.html

「企業が社員の奨学金返済を支援する場合の法的留意点」

木下達彦弁護士が『ビジネスガイド2018年12月号』(日本法令)に「企業が社員の奨学金返還を支援する場合の法的留意点」というテーマにて論文を執筆いたしました。

PAGETOP
Copyright © HAYABUSA ASUKA LAW OFFICES All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.